HOW

コオロギの可能性を引き出す科学と技術のチカラで、持続可能なエコシステムを構築します

AUTOMATIC SYSTEM

自動養殖システムの構築

ロボティクスにより、給水・給餌から収穫まで養殖工程を自動化することで、安定価格・安定品質を実現。ITとAIによる環境制御により、常に効率的な生産環境を達成します。日々進む味づくり・研究といったソフト面の更新をハード面で実現します。先進国では自動化、途上国では省力化等、常に使い手を意識した設計思想を大切しています。

coming soon..
INGREDIENT

コオロギ原料の供給

地域資源のみを使い、養殖からデザインした旨み原料としての食用コオロギパウダーの提案をしています。人の口に入る瞬間から逆算した「食材」として捉えなおし、ものづくりをしています。植物の生育が光、CO2、熱といった外因ストレスに左右されるように、昆虫もエサや環境といったインプットにより味や栄養が左右されます。私たちは養殖含め、その前後の加工プロセスをマネジメントすることで、美味しく栄養のあるコオロギ原料を供給します。

coming soon…
BRAND

コオロギ食品ブランドの展開

弊社コオロギの特徴である心地よい旨み・コクを表現した自社ブランドの展開。“生きるためのおいしさ”にこだわり、コオロギ本来のおいしさと現代の生活のあり方を捉え直すことで、持続的で魅力的な食生活を提案しています。伝統的に確立された調理法や食文化を生かした食品で、今の食卓にも、未来の食卓にもその豊さを届けます。

coming soon..
FUTURE

たんぱく質の国産国消・地産地消の実現

ScienceとTechnologyを統合していくことで、国・地域で出る農業残渣を使って、美味しく栄養のある食(たんぱく質)を国・地域で生産・消費することができます。人間を置いてけぼりにしない。誰もが等しく美味しく栄養のある食を作れ、食べれる世界を。誰もが自分の体も、心も、人生も満たすことができる世界を実現します。

— Block chain(ブロックチェーン) —

ブロックチェーンの統合を準備しています。小さなバッチにも品質定義をすることで小規模生産者さんへ市場への直接アクセスを提供。メーカーさんにはリードタイムの短縮、圧倒的なTraceabilityを保証します。味作りに真摯に取り組む生産者・メーカーがその付加価値を担保したまま繋がります。またエサの調達からコオロギ原料の在庫をトラッキングすることで、食品ロスの限りないゼロを目標にしています。

— Renewable Energy(再生エネルギー・廃熱利用) —

工場や施設からの廃熱を利用することで、オンサイトで食用コオロギを育てることができます。また再エネの売電と食用コオロギの生産による安定した営農モデルも可能です。

ABOUT US

私たちは、昆虫食という古代の文化を、現代の文化に合わせアップデートし、育てるところから口に入るまで、文化を再構築(cultivate culture)しようと同じ景色を共有してプロジェクトを立ち上げました。

くわしく